電子処方箋に必要なHPKIカードと薬剤師資格証とは

平成28年4月、処方せんの電子化を可能とする規制緩和が行われました。

これをもって、電子処方箋が解禁されたと言われています。

しかしどうでしょう。解禁された感ゼロですよね(笑)

解禁されたことを知らない人も多いのではないでしょうか。

実際問題、電子処方箋の運用実績はゼロだそうです。

まあそうですよね。薬局で、いきなり患者さんから

「電子処方箋持ってきたのでお願いします !」

とか言われても、何も出来ません。フリーズします(笑)

つまり、法律上は可能になっただけで、実際に運用するための環境は全く整っていないということです。

まあ今一番の問題は、現在の電子処方箋のフォーマットに「都道府県番号」「医療機関コード」などが入らないために保険請求ができないことでしょうか(笑)

なんでそんな致命的なフォーマットになったのか謎ですが、これはまあフォーマットを修正すれば良いだけです。

それよりも、環境を整える上でネックとなっている事項がいくつかあります。

その中で今回はHPKIカードと薬剤師資格証について記事にしようと思います。

HPKIカードとは

HPKIはHealthcare Public Key Infrastructure(保健医療福祉分野の公開鍵基盤)の略称です。

なんとなく難しそうですが、簡単に言えば電子認証や電子署名をするためのカードHPKIカードになります。

HPKIカードをカードリーダーに通したり近づけたりするだけで、電子認証や電子署名をすることができます。

イメージとしては、個人としての情報に加えて医師や薬剤師の資格を保持していることまで証明するICカードの身分証です。

電子処方箋におけるHPKIカード

このHPKIカードが電子処方箋の普及にどう関わってくるのか。

実は、処方箋を発行する医師側も、処方箋を受け付ける薬剤師側も、このHPKIカードを所持しておく必要があります。

分かりやすいのがこの図です。

電子処方箋の流れとしては、

①病院から処方箋情報を電子処方箋サーバーに送る。

②病院は患者に電子処方箋引換証を渡す。

③患者は薬局に電子処方箋引換証を渡す。

④薬局は電子処方箋サーバーから処方箋情報を取得する。

⑤処方箋情報に従って調剤(服薬指導・薬のお渡し)。

この5段階になります。

この中で、電子処方箋サーバーを介した処方箋情報のやり取り(①④)及び調剤(⑤)にHPKIカードが関わってきます。

①病院から処方箋情報を電子処方箋サーバーに送る。

以前に他の記事でも書きましたが、医師は処方箋に記名押印または署名をする必要があります。

これは、「この処方箋は○○医師が発行した処方箋ですよ」という証明です。

この証明が、当然ですが電子処方箋の場合にも必要になってきます。

そこで、HPKIカードを用いて電子書名するわけです。

④薬局は電子処方箋サーバーから処方箋情報を取得する。

薬局が処方箋情報を取得する際には、HPKIカードの電子認証機能を利用します。

処方箋情報なんて個人情報の塊ですから、その情報を誰でも見れるようではマズいわけです。

なので、事前に薬局側の薬剤師はHPKIカードを取得しておき、それをカードリーダーに通して薬剤師であることを証明して初めて処方箋情報を取得できるようになります。

⑤処方箋情報に従って調剤(服薬指導・薬のお渡し)。

医師が処方箋に記名押印または署名が必要なように、薬剤師も調剤済みの処方箋には記名押印または署名をする必要があります。

そのため、ここでもHPKIカードの電子署名機能を利用します。

1人調剤を終える度に電子署名をする必要があるため、結構な作業量となってきます。

薬剤師資格証でOK

ここまでHPKIカードHPKIカードと言ってきましたが、実は2017年から運用が開始されている薬剤師資格証がこのHPKIカードの役割を果たしてくれます。

薬剤師免許証ではありません、薬剤師資格証です。

こういうやつ。

薬剤師資格証

これはただ単に紙の免許証のカード版というわけではなく、ICチップを有しており電子証明や電子署名が可能となっています。

詳しいことはこちら⇒薬剤師資格証と薬剤師HPKI認証の関係性

薬剤師資格証の取得方法

現在、厚生労働省の管轄の下でHPKIカードを取得できるのが

医療情報システム開発センター(MEDIS)
日本医師会電子認証センター
日本薬剤師会認証局

この3ヶ所になります。

それぞれ、

・医療情報システム開発センター(MEDIS):医師・薬剤師を含む26資格のHPKIカード
・日本医師会電子認証センター:医師資格証
・日本薬剤師会認証局:薬剤師資格証

の発行が可能です。

しかしながら、なんと日本薬剤師会認証局だけ資格証の発行体制がまだ整っていないんです(笑)

どうやらまだ試験運用している段階みたいで、一般向けに本格運用されるのはもう少し先のようです。

薬剤師資格証の取得にかかる費用

電子処方箋の普及には各薬剤師がHPKIカードを取得する必要がありますが、そこで気になるのが取得にかかる費用ですよね。

日本薬剤師会認証局はまだ体制が整っていないので費用も分からないのですが、医療情報システム開発センター(MEDIS)から取得することも可能です。

その費用が5年間で50000円。どの資格でも共通です。

ん~結構高いですよね(笑)

ただ日本薬剤師会認証局から取得すればもう少し安くなる気がします。

医師資格証の取得費用

というのも、医師資格証も日本医師会電子認証センターから取得すればかなり格安だからです。

医師資格証

日医会員なら5年ごとに5000円かかるだけです。

医療情報システム開発センター(MEDIS)から取得する場合の10分の1です(笑)

運用開始当初は年間利用料がかかっていたのですが、普及を進めるために途中から無料としたようです。

薬剤師資格証も、ここまでかは分かりませんが日本薬剤師会認証局から取得すれば費用が安くなると予想されます。

医師資格証は普及が進んでいる

以上、電子処方箋の普及に必要なHPKIカードと薬剤師資格証についてまとめました。

医師資格証の場合には、電子処方箋以外に電子紹介状などにも資格証が必要となるため、少しずつ普及が進んでいます。

一方の薬剤師資格証は、全く普及が進んでいません。一般薬剤師への発行体制すら整っていない状況です。

電子処方箋のメリットはかなり大きいはずなので、電子処方箋が普及されためにもまずは薬剤師資格証の発行体制を整え、資格証を持つ薬剤師が増えてくれればと思います。