高いモノの方が良いモノという固定観念

嫁が風邪気味で、自分に栄養ドリンクを買ってきてくれるように頼んだ時の会話です。

嫁「悪いんだけど、栄養ドリンク買ってきてくれない?」

自分「良いよ~!何買ってくる?ユンケルスター?」

嫁「それめっちゃ高いやつやん(2000円)。そんな酷くないから、もっと安いやつ!」

自分「じゃあリポD(100円)で良い?」

嫁「やっす!格差ありすぎやろ。もう少し利きそうなんにしてや」

自分「おっけ~じゃあ300円くらいのやつ買ってくるわ~」

嫁「お願いします~」

自分が尻に敷かれてるのか?とか、嫁は関西人なのか?という疑問もあるかもしれませんが、それは置いておきます(笑)

こんな何気ない会話をしたわけですが、ふと思ったんです。

高いモノの方が効くっていう認識で会話してるなって。

ちなみに2人とも薬剤師です(笑)

一歩薬局から出てみれば・・・

普段の薬局での仕事では、患者さんに積極的にジェネリックを勧めています。

高いモノの方が良いモノっていう固定観念を持っている患者さんに対して、必死にジェネリックの説明をしています。

でも一歩薬局から出てみれば、自分もその固定観念に縛られていたんですよね。

というか、改めて普段の生活を考えてみると、高いモノの方が良いモノっていう固定観念だらけだなって思ったんです。

何となく食べ物だって高い方が美味しい気がするし、服だって高い方が良いモノな気がします。そんなこと全然分からないのに。

自由価格競争が無い世界

ただ、そういった普段の生活のモノと比べて薬が異なるのは、自由価格競争で値段が決まっているわけではないということです。

普段の生活におけるモノの値段は、大部分のモノが価格競争の結果値段が高かったり低かったりしているわけです。そうすると、ある程度はモノの値段の高さとモノの良さは比例関係にあります。

それとは反対に、薬の値段は国が決めています(処方箋で薬を貰う場合)。

その価格の決め方の中には、価格競争は含まれていません。

さらに言えば、ジェネリックはジェネリックというだけで値段が半分位になってしまいます。メーカーがすごく頑張って製剤工夫をしたジェネリックでも、国によって値段を決められてしまいます。

そこに価格競争はありません。

そこが、高いモノの方が良いモノという固定観念が薬には全く通用しない、という理由になっていると思います。

まとめ

今までは、高いモノの方が良いモノという固定観念でジェネリックに変更しようとしない患者さんを、「そんな固定観念に縛られちゃって~はあ」というようなため息交じりの感じで見ていました。

でも一歩薬局から出れば、ほとんどのモノにおいては高いモノの方が良いモノという固定観念が通用する世界で、むしろそれが世界の常識です。(ブランディングとかそういう難しい話は置いておきます)

高いモノの方が良いモノっていう固定観念を持っていることの方が普通なんですね。そこを自分は少し勘違いしていました。

ただ薬っていうのは値段の決まり方が全く違っていて、高いモノの方が良いモノという固定観念は全く通用しない世界です。

患者さんには、値段の決まり方がそもそも全然違うんだよっていうところから丁寧に説明してあげる必要があるのかなって思いました。

おまけ

ちなみに、ユンケルスターは第2類医薬品リポDは指定医薬部外品です。

指標が値段ではないですが、ユンケルスターの方が効きそうっていう認識はあながち間違えでもなかったみたいです(笑)

コメントを残す