【100記事】ブログのPV数やブログを書く理由など

2017年5月から始めたこのブログですが、なんとこの記事で100記事なんです!どや!笑

前のブログでも150記事くらい書いていたので、合わせると250記事ですか。いやー結構書いてますね(笑)

ブロガーにとって100記事っていうのは一つの目標なわけですが、書いてみると思ったより辛い。自分なんてその間に子供が生まれたり昇進して職場環境が大きく変わったりと、まあ色々ありました。よく続いてるな~って自分でも思います(笑)

そんなわけで今回は、ブログのPV数やブログを書く理由など、記事にしてみようと思います。

ブログのPV数

まずブログのPV数なんですが、だいたい月3万PVは超えてるけど10万PVはいかない、といったところでしょうか。

実はもう1つ「食べ歩き」的なブログをやっていて、合わせてのPV数しかチェックしてないんですよね。しかもそっちがかなり変動がある。

なので、それぞれのブログのPV数はあまり興味を持ってチェックしていないというのが正直なところです。

食べ歩きブログの方がPV数は多い

ただ一つ言えることは、おそらく食べ歩きブログの方が毎月のPV数は多いです。

理由は明白で、このブログはかなりターゲット層が狭いんですよね。薬剤師向けの内容になってますが、果たして日本に薬剤師はどれくらいいるのか。しかも頻繁にネットを使う薬剤師。

一方の食べ歩きブログは、食べることが好きな人であれば誰でも辿り着く可能性があります。最近では外食の前には多くの人が店のことを調べますからね。

そういう意味で、分母の数が全然違うかなと思います。

薬剤師のブロガー

最近は薬剤師のブロガーも増えてますよね。

薬剤師ブロガーも大きく2つに分けられると思います。一般の人向けのブロガーと、薬剤師向けのブロガー

どちらが良いとかは無いのですが、前述の様な理由から、もし単純にPV数を増やしたいなら一般の人向けの記事を書くべきだと思います。

最初は一般の人向けに記事を書いてたのに、気付いたら薬剤師向けになってた・・・っていうのは薬剤師ブログあるあるですよね(笑)

ブログを書く理由

次に自分がブログを書く理由ですが、これはもうズバリ、『自分のため』です(笑)

当初は一般の人向けの記事を書いて、薬剤師として伝えたいことを書いていました。

でも少し前に昇進して、薬剤師という立場だけでなく管理者という立場にもなった時に、ふと思ったんですよね。

なんか胡散臭いな

って(笑)

管理者っていう立場になると、どうしても患者さんのことだけを考えて毎日仕事していられるわけではありません。

現場の薬剤師が患者さんのために働けるような環境を作ることが仕事になって、少し客観的な立場の仕事が増えるんですよね。

普段はそういう仕事が多いのに、いざブログでは薬剤師という立場で書くのも何か違うなって思ったんです。

アウトプットの練習

それからは、一般の人に何かを伝えるという目的よりも、管理者として薬剤師側に役立ちそうな記事を書いています。

さらに、管理者になると人前で話す機会が増えます。そういう時に、いかに頭を整理しながら上手く話せるか。そういう能力が重要になってくると思うんですよね。

そういう意味で、ブログを書くことは良い訓練になってます。常にインプットして、頭で整理して、アウトプットしての繰り返しですからね。

これからも、自分の訓練のためにブログを書くことは続けていこうかなと思っています。

まとめ

以上、ブログのPV数やブログを書く理由を記事にしてみました。

PV数は、まあこれ以上はなかなか増えないだろうなと思ってます。そもそもPV数を稼ぎたかったらターゲット層と内容を変えます(笑)

それよりも、もっと色々なことを勉強して、現場の薬剤師が働きやすい環境を作れる管理者になりたいです。

コメントを残す