後輩薬剤師のモチベーションを上げる方法

後輩薬剤師のモチベーション低下

薬剤師として働いていたら、一度くらいは経験があるのではないでしょうか?

「自分が何か悪いことしたのかな・・・」
「仕事がつまらないのかな・・・」
「プライベートで何かあるのかな・・・」

なんてモチベーション低下の理由が分からなくて悩んでしまいますよね。理由を聞いてしまえば早いのですが、そんな簡単に聞けるわけもなく。

本当に色んな理由があるのですが、自分で話してみて一番多い理由が薬剤師としての停滞感

今回は、そんな薬剤師として停滞感を感じている後輩薬剤師に対して、自分が最近しているアドバイスを紹介しようと思います。

薬剤師としての停滞感

病院薬剤師のことはちょっと分からないのですが、薬局薬剤師だとだいたい2年目とか3年目に薬剤師としての停滞感を感じることが多いです。

毎日の業務を覚えるまでの期間がだいたい2年か3年。そこまでは、業務を覚えていくだけで自分が成長している感覚が得られます。

ただそこからは、毎日の最低限の業務を覚えた上で、自分なりのプラスアルファを積み上げていく時期になります。この時期になると成長感を得る頻度が減り、停滞感を覚えるようになります。

マイナスからゼロまでは早いですが、そこからイチを積み上げていくのが大変なんです。そして、それは仕事を辞めるまで続きます

後輩薬剤師へのアドバイス

そんな停滞感を感じてモチベーションが低下してる後輩薬剤師に対して、自分が最近よくしているアドバイス。

それは、

「ネットサーフィンをしろ」

です。

もう少し詳しく言えば、日系DIやPharmaTribune(ファーマトリビューン)のweb版を見たり、あとは薬剤師のブログを見たりするようにアドバイスしています。

おそらく、見えてないだけで周りにも凄い薬剤師や頑張っている薬剤師はいるんです。でも気付けていない。気付けていないからモチベーションを失っている。

それならネット上で見つければ良いんです。

インターネットの普及によって、全国の頑張っている薬剤師の姿をパソコンを通じて簡単に知ることが出来る時代です。

そんな頑張っている薬剤師の姿に影響を受けて、「自分もこんな薬剤師になりたい」とモチベーションを高めて欲しいです。

敢えてオススメのサイトやブログは伝えない

さらに言えば、その時に「このサイトが良いよ」や「このブログが良いよ」とは言わないように気を付けています。

以前に一度、自分がいつも見ている薬剤師のブログ(誰のブログとは言わない)を紹介したら、全然面白くないと言われてしまったんです。面白くないとハッキリ言う後輩も後輩ですが(笑)

その時に反省しました。自分が面白いと思うブログはあくまで自分の状況や経験を踏まえて面白いと思っているだけで、決して誰もが面白いと思うわけではないんだよなって。

それからは、敢えて特定のサイトやブログは伝えないようにしています。

ネットでは、本当に色んな薬剤師の頑張っている姿を見ることが出来ますからね。

論文をたくさん読んでる薬剤師
漢方にめちゃくちゃ詳しい薬剤師
夜遅くまで在宅に飛び回っている薬剤師
健康食品に詳しい薬剤師

そんな頑張っている薬剤師が、ブログで情報発信までしていたりします。

自分で色んな薬剤師の頑張っている薬剤師の姿を見て、自分なりに参考にしたいと思える人を見つけてほしいなと思います。

まとめ

以上、停滞感を感じている後輩薬剤師のモチベーションを上げる方法でした。

自分もまだまだ経験不足なので、モチベーションを失ってる後輩薬剤師へのアドバイス方法は本当に迷います。常に試行錯誤しながらです。

今回の記事は停滞感を感じている薬剤師へのアドバイスでしたが、それ以外にもモチベーションを失う原因はいっぱいありますからね。その度に色んな方法を考えて、その中からその人に合いそうなものを探しています

取り合えず、停滞感を感じている薬剤師に対してはサイトやブログを見るというのは結構良い方法なのでお試しくださいな!

コメントを残す