薬局の掃除を昼にする理由

皆さんの薬局では毎日掃除してますか?

え、してない?

まあ掃除の頻度は薬局次第ですからね、別に年一回でも何の問題もありません(笑)

じゃあ掃除はいつしますか?朝してる?

よし、明日からは昼に掃除しましょう!(無理矢理)

自分の知っている薬局で、毎日昼に掃除をしている薬局があります。

自分は何気なく朝に掃除をしていたので、昼に掃除をする理由を聞いたときは「なるほどな~」と納得してしまいました。

というわけで、今回は薬局の掃除を昼にする理由を紹介します。

決して全ての薬局に当てはまるわけではないのですが、それを踏まえた上で読んでいただければと思います。

朝に掃除をする理由はない

自分以外にも掃除を朝してる人は多いと思うのですが、そもそも何で朝に掃除をしますか?

自分はハッキリ言って、

「なんとなく」

です。

これまで働いた薬局は全て朝に掃除をしていました。でも誰も、朝に掃除をする理由は言ってくれませんでした。

学生の頃は昼休みか放課後に掃除をしてたのに何でじゃ!

業務開始前の掃除は時間外労働

朝に掃除をするといっても、薬局の開局時間になってから掃除をする店舗ってあまり無いですよね。

患者さんが来ますから。

ほとんどが、開局時間の前に掃除をします。

例えば9時開局の薬局だとしたら、8時50分に薬局にきて掃除を済ませてから開局するとか。

じゃあその10分間は業務時間に含まれているのかというと、会社にもよりますが、含まれていないことが多いです。

でもこれ、厳密にいえば開局前の掃除の時間だって業務時間ですからね。

薬局を営業していく上で必要だから掃除をしているわけで、そうなれば当然業務です。

掃除の当番が決まってるところもあります。そんなの完全に業務でしょ(笑)

「職員が自主的に掃除をしている」なんて通用しません。

だから、業務時間に掃除を含まないのはサービス残業みたいなものです。

いま流行のブラック企業ですね、ええ。

「朝に薬局がキレイだと気持ち良く働ける?」

そんな個人的な感情知るか!!こっちは無駄に早起きさせられて心が汚れたわ!!

「新人は1番に出社して掃除をしろ?」

パワハラですか、そうですか。

 

昼に掃除する理由

ということで、特に理由も無く朝に掃除をしているようであれば、昼に掃除をしてみてはいかがでしょうか。

理由としてはシンプルに、

昼は暇な薬局が多いから

それだけです(笑)

大学病院はまた別として、個人の病院やクリニックであれば昼休みがありますよね。

そこの門前薬局であれば、昼に暇な時間が出来るはずです。

その暇な時間に掃除をする、ただそれだけです。

大体そういう暇な時間て、ノンビリぼーっとしてますよね。

患者さんは来ないけど、休憩時間は終わったから仕事に戻らないといけない。

何かせっせと仕事をするわけでもなく、午後の診察が始まるのを待っているような不毛な時間です。

薬剤師は薬歴を書いたり在宅に行ったり忙しいかもしれませんが、事務さんはそこまで仕事があるわけではありません。

それなら、その空いた時間に掃除をしてもらえば、朝早く来る必要も無くなります

毎朝掃除をしようが毎昼掃除をしようが、薬局の綺麗さは同じですからね。

何となく掃除は朝しないといけないっていうのは、完全な思い込みということを自覚しましょう。

まとめ

以上、薬局の掃除を昼にする理由でした。

1日中ひっきりなしに患者さんが来続けるような薬局では無理ですが、そうでなければ、門前の病院に合わせて患者さんの来局にも波があるはずです。

病院が昼休みの時間なんて、せいぜい面の患者さんが数人来局する程度ですよね。

その時間を有効活用しましょう

掃除に限らず、普段残業であったりサービス残業している業務を改めて見直し、暇になる時間帯でも出来ることは暇な時間にするようにしましょう。

これまでの慣習を疑い1日の業務を最適化することが大切です。

追記

後から調べたのですが、朝に掃除をするメリットというのは一応あるそうです。

それは、

朝が一番床にほこりがたまってる

ということです。

確かに、薬局であれば夜中は閉まっているでしょうから、その間にほこりは床に落ちています。

そこを朝すぐに掃除すれば、昼間ほこりがまっている時間に掃除するよりは効果がありそうです。

ただ、朝と昼でどれだけの差があるのかは分かりませんでした。

多少の差はあれど、それは体感できる程の差なのか?

ちょっと分かりません。

ということで、この朝に掃除をするメリットと業務の時間効率を天秤にかけて、掃除する時間を決めるようにしましょう

コメントを残す