『BLUE GIANT(ブルージャイアント)』っていう漫画が面白すぎるので紹介します!

自分は漫画が好きで、普段からTSUTAYAでレンタルして結構読んでます。

で、本当に面白いとガチで徹夜して読むんです。次の日が仕事とか関係なく。というか続きが気になって眠れなくなるんですよ。子供か!!笑

最近だと『キングダム』。今もヤングジャンプで連載が続いてますよね。アメトーーークで取り上げられてさらに人気が出たような気がします。その前が『BECK』かな。さらにその前が『ハチミツとクローバー』(笑)

まあ過去の話は別にどうでも良いんですけど、先週また死ぬほど面白いと思った漫画に出会ったわけですよ。

それが『BLUE GIANT』。

これも一晩で全巻読んじゃいましたね。全10巻ですぐ読み終わったんですけど(笑)

で、あまりに面白かったものだからブログでも紹介しちゃおうと思います。この記事でもし興味を持ったらぜひ読んでみてください!!

というわけで今回は、薬も食生活も全く関係無い記事です。

作者は『岳』の石塚真一

作者は、ビッグコミックオリジナルで連載をしてマンガ大賞2008も受賞した『岳』の作者である石塚真一さんです。

『岳』も好きで読んでいたのですが、この作者の漫画は物語も描写も含めてリアリティーがあるのが特徴です。『岳』なんて山での怪我のシーンが結構生々しく描かれていて、そこが少し苦手だった人もいるのではないでしょうか。

この作者は、人物画がなんとなく『20世紀少年』の浦沢直樹さんと似ている気がするんですよね。それで気になって調べてみたのですが、特にアシスタントとして働いていたわけではなさそう。ただ浦沢直樹さんの描く漫画が好きで、その漫画を手本にしながら練習していたみたいです。だから若干似てるのかもしれないですね!

『BLUE GIANT』はジャズ漫画

で、肝心の内容はどんな感じなの?って思いますよね。

音楽漫画です。音楽の中でもジャズ。あまり身近には感じないジャズ漫画なんです。

ジャズって普段聴きます?聴かないですよね。イメージするのはカフェとかで流れている音楽だと思います。自分も同じです。

でもこの漫画は、ジャズの中でもそういう落ち着く感じのジャズではなくて、パンクでロックなジャズなんです。全然イメージ湧かないですよね。(笑)

youtubeでジャズを検索しても「カフェBGM」とか「リラックスBGM」とかばっかり出てきちゃうんですけど、一番近いかな~と思ったのが「sing sing sing」ですかね。

漫画の中でも友人たちはみんなジャズなんて全然聴かないから、主人公がバンドを組みたくても組む友達がいないんですよ。そんな逆境の中で頑張って、友人や色んな人にジャズの良さを広めていく姿に感動します。

自分もジャズとか全然聴かないから、激しい感じのジャズなんて全然分からないんです。それなのに、こんなにハマっちゃうんだから、この漫画凄いなーって本当に思いました。

『BECK』を超える音楽漫画だとマジで思う

自分の中で、音楽漫画といえば『BECK』なんですよ。漫画を読んでてリアルに音楽が聴こえてくるあの感じ、鳥肌ものですよね。

で、『BECK』はまだロックなんで聴こえてくる感じがするのも分かるんです。でも『BLUE GIANT』はジャズですからね。普段全然聴かないジャズ。それなのに、読んでて音楽が聴こえてくる気がするんだから本当に凄いと思います。

あくまでも個人的にですが、『BECK』を超える音楽漫画だと思います。

『BLUE GIANT SUPREME』がビッグコミックで連載中

『BLUE GIANT』は全10巻で連載終了しましたが、続編の『BLUE GIANT SUPREME』が現在ビッグコミックで連載中です。

簡単に言ってしまえば、『BLUE GIANT』が国内編で『BLUE GIANT SUPREME』が海外編です。主人公がどんどん成長して海外まで羽ばたいていってしまいました。

ネタばれになるのであまり詳しいことは書けないですが、海外編もめちゃくちゃ楽しいのでもし機会があればぜひ読んでみてほしいと思います。

まとめ

以上、『BECK』を超える音楽漫画『BLUE GIANT』の紹介でした。

いやーこうやって自分の好きなものを文字で伝えるのってめちゃくちゃ難しいですね。全然伝わってる気がしません(笑)

でも本当に面白いですからね。一度読んでもらえれば確実に納得してもらえると思います。TSUTAYAでもレンタルできるはずなんで、ぜひぜひ10冊まとめてレンタルして一気読みしてください。感動すること間違いなしです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BLUE GIANT(1)【電子書籍】[ 石塚真一 ]
価格:540円 (2017/8/25時点)

 

コメントを残す