生活保護でも病院代・薬代など医療費に自己負担が発生することがある

表題の件、活保護でも病院代や薬代に自己負担が発生する場合があることをご存知ですか?

病院での差額ベッド代などではなく、通常の療養費に関する話です。

「生活保護の人は医療費がかからない」

とシンプルに記憶している人が多いと思いますが、厳密にはそうではありません。

実際に自己負担がある方の対応をしたことがあれば知っていると思いますが、そうでなければ知らない人がほとんどだと思います。

いざそういう方の対応をすることになった時に焦らないで済むよう、今回は簡単にまとめてようと思います。

滅多にないことではありますが、少しでも頭の片隅に残してもらえれば幸いです。

生活保護について

生活保護について馴染みの無い人だと、

最低限の生活をするためのお金が貰える

医療費がかからない

この程度の認識だと思いますが、実は生活保護はもう少し奥が深いです。

生活保護の8つの扶助

生活保護は大きく8つの扶助から成り立っています。

・生活扶助:日常生活をおくるのに必要な費用
・住宅扶助:アパートやマンションに住むのに必要な費用
・医療扶助:医療を受けるのに必要な費用
・教育扶助:義務教育を受けるのに必要な費用
・介護扶助:介護サービスを受けるのに必要な費用
・出産扶助:出産のために必要な費用
・葬祭扶助:葬儀を行うのに必要な費用
・生業扶助:事業を行ったり技能を習得するのに必要な費用

前述の「最低限の生活をするためのお金が貰える」というのが生活扶助+住宅扶助

医療費がかからない」っていうのは医療扶助に当たります。

実はそれ以外にも、教育扶助であったり出産扶助っていうのもあるんですね。この辺りはなかなか知らない人が多いかと思います。

以前は、「生活保護だから毎月生活費を貰って色々な扶助を受けられる」or「生活保護ではないから何も扶助を受けられない」という全か無かでした。

それが現在では、「介護扶助だけ受ける」「医療扶助だけ受ける」など、それぞれにあった扶助の受け方を選択することが可能になっています。

また、これ以外にも細かな扶助や免除事項もありますので、もし興味があれば調べてみてください。

生活保護の支給金額

基本の支給金額は

生活扶助の金額+住宅扶助の金額

になるわけですが、この金額は年齢や住んでいる市区町村によって異なります。

年齢によって必要な生活費も異なるし、住む地域によって家賃の相場も異なるのですから当然といえば当然ですね。

さらにこの金額から、収入がある場合にはその収入の金額が引かれます

貰える年金がすごく少ない高齢者が生活保護を受ける場合などが多いですかね。

生活保護でも医療費に自己負担が発生する場合

さて、結論から言えば、自己負担が発生するのは

「生活扶助の金額+住宅扶助の金額」以上の収入はあるが、医療費を支払うほどの収入はない

という人になります。

具体例

簡単に具体例を見てみようと思います。

生活扶助の金額+住宅扶助の金額=10万円
収入=11万円
医療費=2万円

分かりやすいように、かなり大雑把な数字にしてみました。

この場合、最低限の生活を送ることは出来ますが満足に医療を受けるにためには収入が足りないですよね。

こういった場合に、不足分の1万円のみ生活保護を受けることが出来ます。

実際には、医療券や調剤券に『限度額1万円』の記載がされます。

「生活扶助の金額+住宅扶助の金額」よりも収入の方が1万円多いので1万円までは自己負担になりますが、それを超えた分に関しては生活保護で扶助しますよ、ということです。

我慢せずに生活保護の相談を

このように、生活保護には医療費のみや介護費のみなど、一部に限定して扶助を受けられる仕組みがあります。

これを「単給」といいます。

今後、年金支給額などが減ってくると、なんとか生活は出来るけど医療費が払えないから病院に行けない、という人が増えてくる可能性があります。

実際に薬局で働いていても、そういう人に会ったこともあります。

そういう人には、受診を我慢して病気を悪化させてしまう前に一度役所に生活保護の相談をしてみることをお勧めします。

「単給」という方法もありますし、実際に生活保護受給にはならなくても何か良い案を出してくれることがあるからです。

まとめ

以上、生活保護でも医療費に自己負担が発生する場合について簡単にまとめてみました。

実際にはほとんどの場合に病院で限度額に達するので、薬局でも自己負担があるっていうことは稀なんですよね(限度額までは10割負担なので)。

でも可能性がゼロではないので、こんなケースもあるんだっていうことを頭の片隅にでも残しておいてもらえればと思います。

まあ財務省はずっと前から生活保護の患者にも一律で自己負担を導入しようとしてるので、いつまで今の状態が続くかは分からないんですけどね(笑)

関連記事

生活保護の患者さんだけ原則ジェネリックに

コメントを残す