メイアクトMS錠は丸いのに、GEは楕円形な理由。カゼインは関係してる?

すごーく恥ずかしい話ですが。

自分は細長い形をした薬が苦手です(笑)

いい歳して何言ってんだ!って話ですが、苦手なもんは苦手です。

細長い薬って喉に引っかかりそうじゃないですか?

それが怖くて思い切って飲み込めないんです(笑)

先日セフジトレンピボキシル錠100mg「サワイ」を投薬した時も、

セフジトレンピボキシル錠100mg「サワイ」

「うわ〜これも飲みにくいだろうな〜自分だったら飲みたくないな〜」

とか思ってました。

もちろん患者さんにはそんなこと言いませんが(笑)

で、その時ふと思ったのが

そういえばメイアクトMS錠100mgは丸かったよな?

メイアクトMS錠100mg

ってことです。

で、調べてみたら、発売されているGEは全て楕円形なんですよね。

これって間違いなく改悪ですよね。

GEは製剤工夫が〜とか言っている時代に、なぜ改悪するのか。(一般論ではありません、あくまで個人的な話です笑)

そんなわけで、メイアクトMS錠は丸いにも関わらず何故GEは全て楕円形なのか。

ちょっと気になって調べたので、記事にしようと思います。

メイアクトも昔は楕円形だった

昔ってほどでもないですが・・・最近薬剤師になった方は知らないと思いますが、実はメイアクトも以前は楕円形でした。

名前にMSが付く前の話です。

メイアクトMSのMSって何だよ!「Meiji Seika」の略かよ!くだらな!

MSの意味を調べて、あまりの下らなさに驚いたことがある人も多いでしょう。でも、MSが付いてない時代もあったんです(笑)

もう10年以上前の話です。

メイアクト錠100mg(楕円形)からメイアクトMS錠100mg(円形)へと変更されました。

添加物のカゼインを無くして牛乳アレルギー対策

なぜ錠剤の形を変えたのかは謎なのですが、メイアクト錠からメイアクトMS錠へと変更される際、添加物に大きな変更が加えられました。

それはカゼインが無添加になったことです。

カゼインはご存知の通り牛乳アレルギーの原因となる物質です。

溶解補助剤としてカゼインを使用していたメイアクト錠は、それが原因で牛乳アレルギーの方には禁忌とされていました。

それを、メイアクトMS錠へと変更する際に無添加としたのです。

メイアクトMS小児用細粒

話の本筋からはズレてしまいますが、メイアクトMS小児用細粒ってかなり不味い部類に入る粉薬ですよね。

実は細粒でも、錠剤と同様にカゼインを無添加にする変更が行われました。

その際に、風味もオレンジミルク味からバナナ味へと変更されています。

そして、この風味の変更によってメイアクトMS小児用細粒が不味くなったと言われています。

これまた改悪ですか(笑)

MS錠への変更とGE発売の時期

少し話が逸れましたが、メイアクト錠からメイアクトMS錠へ変更になる際に楕円形から円形へと変更されていることを考えると、

GEはまだメイアクト錠だった頃に発売された物なんじゃないか

という考えが浮かびます。

というわけで、MS錠への変更時期とGEの発売の時期を調べてみました。

2004年8月:メイアクトMS小児用細粒発売

2006年7月:メイアクトMS錠100mg発売

2007年7月:各社GE発売

こうやって見ると、メイアクトがMS錠になって1年後にGEが発売になっています。

ただ、GEメーカーは錠剤を製造してすぐに販売できるわけではありません。

錠剤を作り上げて、溶解試験などの各種試験を行い、その後に承認申請です。

承認申請から認定されるまでにも時間がかかることを考えると、GEの錠剤が出来上がって発売を控えてる頃にMS錠が発売された可能性はありそうです。

2017年6月発売のAGは丸い

実は2017年6月にメイアクトMS錠のAGであるセフジトレンピボキシル錠100mg「OK」が発売になりました。

製造販売はMeiji Seikaの100%子会社である大蔵製薬。

ミカルディスのAGに隠れて全く話題になりませんでしたね(笑)

セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」

AGなので当然ですが、錠剤は丸いです。

メイアクトMS錠をGEに変更することは今後もあると思いますので、

細長い薬が苦手

錠剤の形が変わると何の薬か分からなくなる

このような方にはAGをお勧めしてあげれば良いかなと思います。

まとめ

以上、メイアクトMS錠は丸いにも関わらず何故GEは全て楕円形なのか、についての記事でした。

結論としては、

GEメーカーがすでにメイアクト錠の錠剤を作り上げて、各種試験や承認申請を行っている最中にメイアクトMS錠が発売になり、錠剤の形も楕円形から円形へ変更になっていたから

ではないでしょうか。

当時の事情が分からないため推測となってしまいますが、まあ妥当ですよね?笑

もし関係者等でご存知の方いいましたら教えていただけると嬉しいです。

※GEは楕円形ですが、添加物にカゼインは使われていないので牛乳アレルギーの方も安心して服用してください。

おまけ

余談ですが、細長い薬が苦手な方は意外に多いです。(自分だけじゃない!!)

絶対に飲めない訳ではないのでわざわざ言わないですが、円形があるなら円形の薬が欲しいです。

なので、先発の薬が楕円形でもGEは円形と楕円形の両方があったら嬉しいな~なんて思ったりします。

もしGEメーカーの人がこのブログ読んでたら、ぜひお願いします!!笑

アレグラは楕円形ですけど、フェキソフェナジン「NP」は円形なんですよね。そんな感じです!!

 

関連記事

錠剤の薬品名印字によってアレルギー?薬品名印字の方法やデメリットなど。

2017.06.19

東和薬品のRACTAB(ラクタブ)技術について、詳しくまとめてみた

2017.07.06

コメントを残す