ヤマト便のサービス内容が変更に。大きい荷物は家財宅急便で。

以前の記事で、ヤマト便のことを簡単に紹介しました。

以前の記事>>>薬を宅急便で送る時に知っておきたい30万円の壁。ヤマト便を利用する手も。

そのヤマト便なんですが、2017年6月19日からサービス内容の変更と運賃の改定を行いました。

通常の宅急便が値上がりすることはニュースになっていましたが、ヤマト便に関しては全く話題になっていなかったんですよね。

なので、変更になって初めて知りました。頻繁に利用している人でも、知らなかった人が多かったみたいです。

インターネット通販の普及で、日本の運輸業は相当疲弊しているみたいですね。

そんなわけで今回は、ヤマト便のサービス変更内容と、それによって困っている人達について紹介します。

サービス内容の変更

ヤマト便のサービス変更内容は以下の通りです。

内容 変更前 変更後
荷物1個あたりの重量 上限なし 荷物1個につき、実重量が30kgまで
荷物1個あたりの大きさ 上限なし 荷物1個につき、三辺合計200cmまで
(最長辺は170cmまで)

ようするに、重いもの、大きいものに上限を付けたわけです。

どうやらヤマト運輸は、一人では運べないものを断って適切な人員配置を行おうとしているようです。

確かに1個大きな荷物があるだけで配達員を2人配置しないといけないのは、現在の運輸業の大変さを考えればもったいない話です。

ヤマト便のサービス内容変更で困っている人達

このヤマト便のサービス内容変更によって、困っている人がたくさんいます。

通販の販売店

一番被害が大きいのは、通販で大きいサイズの物を販売していたお店です。

ヤマト便の大きさの上限を超えてしまうと、今度は家財宅急便での取り扱いになってきます。

家財宅急便は、ベッドやソファーなどの大きい家具を送れたり、引越しにも利用できる宅急便です。

ただこの家財宅急便、ヤマト便と比べると明らかに高いです。

荷物の大きさと距離にもよりますが、平均で3倍から4倍は送料がかかります。

今後、大きくて値段の安い商品はインターネット通販から姿を消していく可能性もありそうです。

フリマアプリ

フリマアプリも同じ状況で、サイズの大きい物を購入したは良いけど送料の負担をどうするかで揉めている人がいるようです。

これまで、どれだけ自分達が運輸業のサービスに支えられていたかを思い知らされますね。

子供のベビーベッドレンタル

かくいう自分も被害者で、ちょうど子供のベビーベッドをレンタルしていたんです。

借りる時はヤマト便で運ばれてきて運賃2000円くらいだったのですが、レンタル期間を終えて返品しようと思ったら、ヤマト便のサービス内容が変更になっていました。

ベビーベッドはそれなりのサイズがあるので、ヤマト便では扱えないと言われてしまったんです。

そして、家財宅急便になるので送料が7000円以上すると言われまして。

7000円て、ベビーベッドのレンタル料より高いですからね(笑)

結局レンタル元の会社に相談して、送料は会社持ちで返却することになりました。

おそらく会社は利益無いでしょうね(笑)

ヤマト便の今後

運輸業で働く友人に聞いたところ、ヤマト便はそのうち無くなるのではないかとのことです。

これまでは、事業規模を拡大するためにどんどん扱う数も種類も増やして、付加価値も上げて、それに伴い従業員も増やしてきました。

しかし少子高齢社会で従業員の確保が思うようにいかず、現在のように従業員が悲鳴を上げる厳しい状況になってしまったとのこと。

今後は下手に事業を拡げすぎず、基本の宅急便に絞っていく方向性らしいです。

聞いた話なので確定ではないですが。

ヤマト便が無くなったらどうする?

・・・さて、困りましたね(笑)

もともと、30万円を超える医薬品を送る場合にはどうすれば良いかっていう話でヤマト便を紹介したわけです。

ヤマト便が無くなってしまったらどうすれば良いんでしょう。

今のところ他の会社でもヤマト便のようなサービスがあることはありますが、ヤマトが辞めれば他の会社も辞めていくことは容易に想像できます。

ちょっとどういった方法があるか、調べておこうと思います。

今すぐにヤマト便が無くなるわけではありませんが、早めに調べておいて損はないと思います。

まとめ

以上、ヤマト便のサービス変更内容と、それによって困っている人達について紹介しました。

ヤマト便に、重さと大きさの上限ができた

家財宅急便だと送料が3~4倍する

将来的にはヤマト便そのものが無くなる可能性

薬局への影響はいまところ無いのですが、もし今後ヤマト便が無くなったら、どうやって高額の医薬品を送りましょう。

患者さんに送る場合にはもちろん自分で届ければ良いのですが、遠距離のグループ店舗に送りたい場合などは手段が無いですね。

期限切れ医薬品の削減は業界をあげての課題だと思うので、しっかり検討する必要ありそうです。

また、こんなにヤマトなどの運輸業が大変そうなのに、医薬品の物流は結構無駄が多いと思うわけです。

その辺り、また次の記事で書こうと思います。

コメントを残す