ノンアルコールビールと薬の飲み合わせ。車の運転は大丈夫?

「薬を飲んでるんだけど、ノンアルコールビールなら飲んでも大丈夫?」

酒好きには永遠の課題です(←言い過ぎ)

ノンアルコールって言ってるんだから大丈夫そう。でも気になりますよね(笑)

結論から言えば、

ノンアルコールビールなら「ほぼ」大丈夫

なんですが、この「ほぼ」の理由。そして、ノンアルコールビールという言葉が実はすでに存在しない言葉であることをご存知でしょうか。

その辺りを今回は記事にしてみようと思います。

ノンアルコールの定義

アルコール分1%以上だとお酒

まずいきなり法律の話で申し訳ないのですが、日本の酒税法ではアルコール分1%以上でお酒になります。

逆に言えば、1%未満であればノンアルコールといえることになります。

これは結構怖い話ですよね。

アルコール分0.9%でもノンアルコールと言えてしまうわけです。自分はお酒が弱いので、アルコール分0.9%のノンアルコールビールを大量に飲んだらおそらく酔います。酔い潰れます(笑)

ちなみにアメリカでは0.5%、EUでは1.2%です。

一般的にはアルコール分0.05%以下がノンアルコール

とはいっても、じゃあ実際にアルコール分0.9%の飲み物がノンアルコールドリンクとして売られているかというと、さすがにそんな事はありません。

一般的には、アルコール分0.05%未満の場合にノンアルコール0.05%〜1%の場合には低アルコール飲料として売っていることが多いです。これはあくまで業界内でのルールなので、絶対にこのルールが守られているかは分かりません。

ちなみにこの0.05%という数字は、果物の果汁にごくわずかに含まれているアルコールの濃度だそうです。果物にもわずかながらアルコールが含まれているんですね、驚きです。

ノンアルコールビールはほぼアルコール分0.00%

では実際に、現在販売されているノンアルコールビールのアルコール分を見てみます。

①キリンフリー

②アサヒ ドライゼロ

③サントリー オールフリー

全てを挙げることは出来ないので代表的な物だけ挙げました。

これら全て、「アルコール分0.00%」という記載があることが見て分かるかと思います。

さすがにこの表記に嘘や誤解は無く、文字通りアルコール分0.00%です。

法律的には1%未満であればノンアルコールと言えてしまうため、本当にアルコールが含まれていないことをアピールすらために、わざわざ「アルコール分0.00%」という表記をするようにしているんです。

紛らわしい法律のせいで大変ですね(笑)

ですので、こういった「アルコール分0.00%」と表記されているノンアルコールビールは薬との飲み合わせは問題ないと言えます。

アルコールの含まれるノンアルコールビールも存在する

冒頭で「ほぼ」といったのは、実はアルコールが1%未満で含まれるノンアルコールビールも存在するからです。

アルコール分0.00%なら薬との飲み合わせは問題ありませんが、アルコールが多少含まれているとなると、また話は変わってきます。お酒の弱い人だと、アルコール分1%未満でも十分に酔っぱらう可能性があるからです。

そして、薬との飲み合わせにも問題が出てきます。特に睡眠薬なんかは危険です。

なので、アルコールの含まれるノンアルコールビールの場合には、薬との飲み合わせに気を付けるようにしましょう

とはいっても、普通に日本で暮らしている分にはアルコール分0.00%のノンアルコールビールばかりなので、そこまで気にする必要は無いかなと思います。

ノンアルコールビールではなくビールテイスト飲料

ここまでノンアルコールビール、ノンアルコールビールとうるさく言ってきましたが、実は現在ノンアルコールビールという分類は存在しません(笑)

というのも、実際に2000年代前半には、上記の様な法律の決まりを悪用し、アルコール分が1%未満で含まれているにも関わらず「ノンアルコールビール」と謳って販売されている商品が多数存在し、消費者の誤解を生むため問題となりました。

そこで公正取引委員会の指導の下、アルコール分1%未満ながらビールを意識した商品に関しては、ノンアルコールビールではなくビールテイスト飲料して販売するようになりました。

でも、ノンアルコールビールっていう言葉、いまだによく耳にしますよね?

そうなんです。マスコミは未だにノンアルコールビールという言葉を使って、本来はビールテイスト飲料である商品を紹介しているんです。

紛らわしいのでやめてほしいですよね。

でも、ビールテイスト飲料っていう名前、なんかシックリこないですからね。今後も定着しない気がします(笑)

まとめ

というわけで、ノンアルコールビールと薬の飲み合わせについての記事でした。

・アルコール分0.00%のノンアルコールビールなら飲み合わせは問題ない

・日本では滅多に手に入らないが、アルコールの含まれるノンアルコールビールは飲み合わせを気を付ける必要がある

アルコールの含まれるノンアルコールビールって、なんか哲学的ですね。実際は全然そんなことありませんが(笑)

飲酒運転

ちなみにここまで読めばなんとなく分かるかと思いますが、車の運転に関しては、アルコール分0.00%のノンアルコールビールであれば飲んだ状態で運転しても全く問題ありません

もしアルコールの含まれるノンアルコールビールの場合には、酒気帯び運転の呼気検査で引っかかってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

▼他にも薬との飲み合わせが気になる方はこちら▼

甘酒と薬の飲み合わせ。甘酒が「飲む点滴」というのは本当なのか?

2017.07.12

夏バテ対策にお勧めの食事はサラダうどん!?夏バテの原因と対策。

2017.06.05

コメントを残す