ハチミツは加熱すると毒になる?ボツリヌス菌は関係ある?

「ハチミツは加熱すると毒になるからダメだよ!!」

先日、とある方から力説されたことです。

え?毒??

糖と加熱だからメイラードか?え~でもな~

とか考えていたら、

「アーユルヴェーダが・・・」

とか言い始めたので、そこで考えることを止めました(笑)

ただ話を聞いてみると、世界には本当に色んな考え方や思想があるんですね。驚かされることばかりです。

そんなわけで今回は、ハチミツを加熱すると本当に毒になるのかを、先日乳児が死亡してニュースになった乳児ボツリヌス症と絡めながら記事にしようと思います。

ハチミツを加熱すると毒になる!?

アーユルヴェーダとは

多少なりとも医学に関心ある人なら知っているかもしれませんが、アーユルヴェーダとは中国医学と並ぶインドの伝統医学です。

詳しい理論は全く分からないのですが、トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素のバランスが崩れると病気になるんだとか。

まあ詳しいことは全く知りません(笑)

日本や欧米でいう医薬品ほどではないのですが、結構厳格なルールがあります。

ハチミツでいえば

・生のものを食べる
・混ぜない
・40℃以上に加熱しない

などのルールがあり、そうしないとアーマ(毒)になるとされています。

ルールを守らないと毒になるというのは薬と一緒ですね。

ただ、理論なくルールだけ押し付けられるので、科学というよりは思想や宗教といった印象です。

実際にハチミツを加熱すると?

というわけで、

実際にハチミツを加熱すると毒になるのか?そもそも毒って何だ?

という疑問に至ったわけですが、近年ではこの毒というのがAGEs(終末糖化産物)にあたるのではないかと言われています。

AGEs
AGEsは、老化の原因物質ではないかと言われているものです。まだ確定しているわけではないですが、近年盛んに研究が進められています。糖とタンパク質が一緒に存在すると生成し、加熱によって生成が促進されます。いわゆるメイラード反応です。

ただ、ハチミツの成分はほとんどが糖分と水分なんですよね。

タンパク質は100g中にわずか0.2g程度しか含まれていません。

そんなハチミツを加熱したからといってAGEsが本当に生成するのでしょうか。

この程度のタンパク質量でAGEsを気にしてしまうと、もう何も食べられないですよ(笑)

そんなわけで、個人的には「ハチミツを加熱すると身体に毒であるAGEsが生成するので良くない」というのは、気にする必要ないと考えています。

そもそも、伝統医学であるアーユルヴェーダに、なぜ近年注目されはじめたAGEsの概念が取り込まれているのか謎で仕方ありません。

絶対に後付けでしょ(笑)

ボツリヌス菌

話は変わって2017年4月頃に、生後6ヶ月の赤ちゃんが乳児ボツリヌス症で亡くなったニュースを覚えてますか?

その原因が、市販のハチミツを混ぜた離乳食でした。

このニュースのように、ハチミツは加熱しなくたって毒になることもあります。

というわけで、ハチミツに含まれているボツリヌス菌についてもまとめておこうと思います。

乳児ボツリヌス症と大人のボツリヌス食中毒は分けて考えることが大切です。

乳児ボツリヌス症

乳児ボツリヌス症は、ボツリヌス菌の含まれる食べ物を摂取した時に起こります。

まさにハチミツを食べた場合ですね。

とはいっても、大人がハチミツを摂取しても大抵何の問題も生じません。

それはなぜかというと、免疫によってボツリヌス菌を無力化し、食中毒を起こささないまま菌が排泄されることが多いからです。

しかしまだ免疫力の弱い赤ちゃんがハチミツを摂取してしまうと、腸の中で菌が増殖して毒素を産出し、食中毒を起こします。

なので、免疫力が強くなる1歳まではハチミツを食べないように言われているわけです。

ちなみにボツリヌス菌は加熱しても無力化できません

ボツリヌス食中毒

一方のボツリヌス食中毒。

前述の通りボツリヌス菌を摂取しても大人であればそこまで問題は無いのですが、すでに食べ物の中で増殖して毒素まで産出してしまっていた場合には問題があります。

毒素を摂取してしまうと、大人の免疫力であっても無力化することは出来ないからです。

では、このボツリヌス食中毒はどうやって予防するのか。

それが加熱です。

ボツリヌス菌自体は加熱をしてもなかなか殺せないのですが、毒素は加熱によって無力化できます

なので、やはりどんな食べ物でも、食中毒を予防するうえで加熱は非常に重要となります。

ボツリヌス食中毒の原因となる食品

ちなみに、ボツリヌス菌は酸素の無い環境で増殖しやすくなります。

たとえばビン詰、缶詰、あるいは包装容器詰め食品など。

レトルト食品は加熱殺菌してあるので大丈夫ですが、これらは加熱殺菌されていないものが多いで注意が必要です。

まとめ

以上、今回はハチミツの毒性について、インドの伝統医学アーユルヴェーダとボツリヌス菌の2つの視点からまとめてみました。

あくまでも個人的な考えですが、ハチミツは加熱すると毒になるっていうのは全く気にする必要ないんじゃないかと思います。

毒っていう言葉が曖昧過ぎますからね。

水だって飲み過ぎれば毒になりますから(笑)

アーユルヴェーダは別として、乳児ボツリヌス症のことを考えると、やはり小さい子供にはハチミツを食べさせないように注意が必要ですね。

自分も子育て中なので気をつけてます(笑)

コメントを残す