予防接種は出来るけど副作用の治療は出来ないと言われた話

自慢じゃないですが、自分が住んでるところは結構な田舎です。

田舎でよく言われているのが『医療崩壊』。色んな意味があると思いますが、自分の住んでいる地域では病院が足りてません。特に小児科と産婦人科。

今回は、そんな『医療崩壊』の影響で自分が言われて驚いた話を記事にしようと思います。

子供の予防接種を受けに病院へ

子育てをしたことがある方ならご存知だと思いますが、子供が2ヶ月になると予防接種が始まります。

ほとんどが必須の予防接種ですが、中には任意の予防接種もあります。予防接種するかどうか自分で決められるってやつですね。

多分ほとんどの人が2ヶ月の時に受けるのは、B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌。この3つが必須で、追加で任意のロタウイルスの予防接種も受けるかどうかを考えると思います。

ロタウイルス

ロタウイルスは胃腸炎を起こさせるウイルスです。
子供のウイルス性胃腸炎の中では重症化しやすく脳症も起こしやすいため、任意ではありますが接種が強く勧められています。

任意なので3万円くらいかかってしまうのが難点なんですけどね。

予防接種をすることで重症例を9割程予防してくれます。

重症例を予防するだけで、胃腸炎にならないっていうわけではないので注意が必要です。

ロタウイルスの予防接種で注意するべき副作用

で、そのロタウイルスの予防接種を受けるときに注意しなくてはいけない副作用が腸重積です。

予防接種の時に必ず説明は受けると思うのですが、腸が腸の中に入り込んでいく(正確には回腸が大腸の中に入り込んでいく)副作用ですね。
で、その入り込む時がめっちゃ痛くて、赤ちゃんはギャン泣きします。

ただ、それだけだと親はなかなか気付かないみたいです。赤ちゃんはすぐ泣きますからね。

ですが、そのうち血便が出てくるのでその時に親も腸重積だと気付きます。

腸重積が発生した場合は、状態によっては手術が必要になります。

※生後60日以内に初回の予防接種(ロタウイルスの予防接種は2回のものと3回のものがある)を完了させた場合、まだその副作用による腸重積の報告は無いそうです。なので、予防接種を受けるなら早く受けるように言われています。

自分が住んでる地域では腸重積を治療できない

前段階の話は終わってここからは自分の話になるのですが、自分も子供に予防接種を受けさせました。

後から後悔するのも嫌なので、ロタウイルスの予防接種も一緒に受けることにしました。

市立の病院で受けたのですが、その時に受けた説明が、

「この辺りでは腸重積の治療はできないので、もし腸重積になった〇〇医大まで行ってください。〇〇医大なら24時間小児科専門医がいますからね~」

いや~びっくりしましたね(笑)

予防接種を受けるだけ受けて、もし副作用が出ても治療が出来ないんですからね。

ちなみに、〇〇医大は車で1時間半以上かかる場所にあります。
子供がぎゃん泣きの中、車で1時間半以上かけて連れていくなんて結構大変ですよ(笑)
でも、この〇〇医大が腸重積を治療できる病院の中では一番近いみたいです。

聞いた話では、その予防接種を打ってくれた医師も普段は〇〇医大にいるようで、毎週何曜日かだけこの市立の病院で診てくれているみたいでした。

田舎の医療の限界を知りましたね・・・

まとめ

結果的に腸重積にはならなかったので良かったですが、もし運悪く腸重積の副作用が出ていたらと思うと恐ろしいですよね。

腸重積の副作用に限らず、もし子供が大怪我したり重い持病があったりしたときに、この辺りでは診てもらえないということです。診てもらうだけなら出来るかもしれないですが、最終的には遠くの大きな病院を紹介という形になると思います。

そうなったらどうすれば良いんでしょうかね。仕事もあるし片道1時間半とか通うのなかなかキツイですよ(笑)

なかなか答えの出ない問題ではありますが、やはり地方というか田舎に住むということはそれなりにデメリットがあるなあ、といった話でした。

皆さんの住んでる地域はどうでしょうか?
何かあった時のために、事前に確認しておくと良いかもしれないですね!

コメントを残す