ソフトコンタクトレンズのグループⅠ~Ⅳって?それぞれの特徴は?

ソフトコンタクトレンズに、グループⅠ~Ⅳという分類があることをご存知ですか?

一応、洗浄液の容器なんかには記載されているんですが、おそらく知っている人は少ないんじゃないでしょうか。

ま、基本的に全てのグループに使用できるから気にする必要ないんですけどね(笑)

今回は、そんなソフトコンタクトレンズのグループについて、それぞれどういった特徴があるのか簡単に紹介します。

グループⅠ~Ⅳの分類の意味

そもそも、普段あまりこのグループ分類を気にすることが無い理由としては、この分類がFDA(米国食品医薬品局)によって決められた分類だから、という理由があると思います。

現在主流であるアクリル樹脂を使用した「角膜コンタクトレンズ」も最初に普及したのは米国ですし、普段使用するコンタクトレンズのメーカーの多くもアメリカの企業です。(アキュビューはジョンソンエンドジョンソン、クーパービジョンはクーパーカンパニー)

その結果、コンタクトレンズは基本的にアメリカでの決め事がそのまま残っている部分が多いです。

グループの特徴

それぞれのグループはイオン性と含水率で仕分けられ、それぞれ以下のような特徴があります。

含水率50%未満
(低含水レンズ)
含水率50%以上
(高含水レンズ)
非イオン性  グループⅠ
汚れにくい
目が乾きにくい
グループⅡ
汚れにくい
目が乾きやすい
イオン性  グループⅢ
汚れやすい
目が乾きにくい
 グループⅣ
汚れやすい
目が乾きやすい

これだけ見るとグループⅠ以外を選ぶ理由なんて無いように見えますが、

含水率が高い=酸素透過率が高い=目の負担が少ない=目が乾きやすい

なので、汚れにくい方が良いのは間違いないのですが、グループⅡは酸素透過率が高く目が少し乾きやすい分負担が少なく、こちらを好む人も多いです。

またイオン性(グループⅢ、グループⅣ)の特徴として、コンタクトレンズが汚れを引き寄せやすく、洗浄などの手入れを怠ると角膜にトラブルを起こしやすくなります

じゃあグループⅣなんて最悪だと思うかもしれないですが意外にそんな事もなく、着け心地の良さなどからグループⅣのソフトコンタクトレンズを好む人もいます。

反対にグループⅢのソフトコンタクトレンズはほとんど存在しません

理由としては、近年では酸素透過率が重要視される傾向があり、グループⅡやグループⅣが好まれるからです。

各ソフトコンタクトレンズのグループ分類

では、無数に存在するソフトコンタクトレンズはそれぞれどのグループに存在するのでしょうか。

なんとなくの指標が上の図なのですが、正確には商品の添付文書を確認するのが間違いないです。

アキュビュー オアシス

これはアキュビューオアシスの添付文書ですが、グループⅠとの記載があります。

また、各ソフトコンタクトレンズのホームページを見てみても、製品情報のところにグループ分類が書いてるものもあります。

ソフトコンタクトレンズを販売する側の問題点

このようなグループ分類があるのにも関わらずその存在が知られていない理由として、コンタクトレンズ販売時に何もそのような説明が無いことが挙げられます。

店によっては1種類か2種類の商品しか置かず、使用者にはほとんど選択肢が無くただ渡されたものを使うだけのこともあります。

着け心地はやはり差がありますし、酸素透過率は、人によってはコンタクトレンズを選ぶ時に大きなファクターになり得ます。

そのあたり、使用者に何の説明も無く販売する病院や販売店はどう考えているのか気になります。まあ販売する側もグループ分類を知らない可能性もありますが(笑)

ちなみに自分は、もともと角膜内皮細胞の数が少ないと言われているので酸素透過率の高いものを使うようにしています。

まとめ

以上、今回はソフトコンタクトレンズのグループ分類についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか。ソフトコンタクトレンズを使用している人は知っていましたか?何も知らずに使っている人も多いと思います。

何も問題無く使用できている人は良いですが、もし「すぐ目が乾く」であったり「すぐ汚れて気になる」など気がかりな点がある方は、一度違うグループのコンタクトレンズを使用してみてはいかがでしょうか

もしかしたら自分にピッタリ合うコンタクトレンズが見つかるかもしれませんよ!

眼科の検査、赤と緑や気球の検査などは何を調べてるのか

2017.10.29

コメントを残す