インパルス堤下さんの事故で話題のベルソムラ。副作用や他剤併用の可否は?牛乳での服用も気になる。

インパルスの堤下さんが謝罪会見を行いましたね。

睡眠薬や抗アレルギー薬を飲んだ状態で車を運転したところ、意識が朦朧としてしまったと。
睡眠薬を飲んだ状態で車を運転したのは問題アリですが、飲酒運転とかでは無くて良かったです。今回のニュースはこれで一件落着ではないでしょうか。

ただ、薬剤師としてはそうもいかない(笑)

堤下さんが飲んでいた薬が、ベルソムラ、レンドルミン、アレジオンとのこと。

ベルソムラ。

覚えてますか?話題になるのは今年2回目です(笑)

そんなわけで、今回はベルソムラについて今一度まとめておこうと思います。

ベルソムラとは

ベルソムラ錠(一般名:スボレキサント)は2014年に発売された薬で、今までに無い新しい機序を持った睡眠薬です。

作用機序

ベルソムラは、オレキシンという覚醒の維持に関わっている物質が働くのを阻害する薬です。ベルソムラによって覚醒をブロックされることで、睡眠に導かれるというわけです。

ためしてガッテンで話題に

ベルソムラが話題になったのは今年2回目と書きましたが、1回目は何だったのか。それはNHKの『ためしてガッテン』です。

2/22の放送で、「睡眠薬で糖尿病が治療できる」といった三段論法を一段すっ飛ばした内容で、睡眠薬のベルソムラを勧めていました。正確には睡眠薬を飲んで質の高い睡眠をとることで糖尿病も改善する可能性があるといった内容なのですが、あまりにも誤解を招く表現で問題となり東京都が調査。NHKは謝罪文を掲載する流れとなりました。

また、放送内で「副作用がなくなった薬」と説明していたことも問題で、確かに他の睡眠薬で見られる「運動障害」の副作用は少なくなっているのですが、「傾眠」「頭痛」「悪夢」などは1%~5%未満の頻度で報告されていますので、これまた誤解を招く表現でした。

レンドルミンとの併用

そんな今年話題のベルソムラですが、今回の堤下さんのニュースで気になったのがレンドルミンと併用していたことです。ベルソムラの添付文書にはこうあります。

< 用法・用量に関連する使用上の注意>
(3)他の不眠症治療薬と併用したときの有効性及び安全性は確立されていない。

レンドルミンは短時間作用型の睡眠薬です。
おもいっきり併用しちゃってます(笑)

本人の話では、睡眠薬を飲んだのは今回が初めてとのこと。最初から併用なんてするのかな~っていう疑問があるのですが、どうなんでしょうか。

ちなみに、今回は早いうちに警察が発見してくれたので被害者はいませんが、もし対人の事故などを起こして被害者が出ていたら、薬を渡した側の責任問題にもなっていたと思いますよ。もしそうなっていたら、医師や薬剤師の責任がどうなっていたのか気になるところです。

牛乳での服用

もう1つ気になったのが、牛乳で薬を飲んでいたということです。

本人の話では、自宅付近の銭湯で入浴後に牛乳と一緒に薬を飲んだとのこと。
確かに風呂上りの牛乳は最高ですけどね。それと一緒に薬を飲んじゃあマズいんじゃないのって話です(笑)

ベルソムラの添付文書に以下の記載があります。

2. 食事の影響
日本人データ:本剤40mgを低脂肪食摂取後に単回経口投与した場合、空
腹時と比較してスボレキサントのCmaxは23%増加したが、AUCは変化し
なかった。Tmaxは 1 時間延長した。

Tmaxが延長した。つまり効くのが遅くなったということです。
牛乳で薬を飲むと、空腹時ではなく食後と同じような状態になります。つまり、効くのが遅くなる可能性があるということです。まあ効くのが遅くなることが、今回の問題に影響してくるかは分かりませんが。

まとめ

以上、ベルソムラと今回の堤下さんのニュースに関して、簡単に気になることをまとめてみました。

『ためしてガッテン」ではベルソムラがいかにも安全かのような説明だったらしいですが、飲み方や注意事項を守らないと何があるか分からないということが、今回のニュースによって明らかになりましたよね。

初回からベルソムラとレンドルミンが併用で処方されている点が気になるところではありますが、もう追加で情報が出てくることは無さそうな雰囲気ですね(笑)

薬はちょっとしたことで身に危険をおよぼすので、きちんと医師や薬剤師に言われたことは守って飲むようにしましょう。

そして、薬は水で飲みましょう(笑)

コメントを残す