ビオフェルミンに入ってるビフィズス菌の数を予想してみる

最近ちょっと腸内細菌のことを調べていて、ふと思ったことがあるんです。

それは、

「ビオフェルミンってビフィズス菌どれくらい入ってるんだろう?」

ということ。

調べてみても、グラム数が出てくるだけで何個かは出てこないんですよね。

ビオフェルミンといえば、医療用でも一般用でも販売されている整腸剤で、おそらく日本で一番有名な薬ではないでしょうか。

でも、有名な割にはあまりビオフェルミンのこと知らないよな~なんて思ったんです。

ビフィズス菌による整腸剤だからでしょうか。なんとなくフワっとした印象の薬ですよね(笑)

そんなわけで今回は、ビオフェルミンにビフィズス菌が何個くらい入っているのか予想してみようと思います。

ビオフェルミンは錠剤、散剤で菌が異なる

ビオフェルミンと聞いて思い浮かぶのは、ビオフェルミン錠、ビオフェルミン配合散、ビオフェルミンR散・R錠、あとは市販の新ビオフェルミンS錠・細粒でしょうか。

実はこれら、全て入っている菌が異なるんです。

ビオフェルミン錠

1錠中
ビフィズス菌(B.bifidum)  12mg

ビオフェルミン配合散

1g中
ラクトミン(S.faecalis)   6mg
糖化菌(B.subtilis)      4mg

ビオフェルミンR錠・R散

1錠中(1g中)
耐性乳酸菌(S.faecalis)   6mg

新ビオフェルミンS錠・S細粒

9錠中(3g中)
コンク・ビフィズス菌末(B.bifidum)        18mg
コンク・フェーカリス菌末(S.faecalis)       18mg
コンク・アシドフィルス菌末(L.acidophilus) 18mg

見てもらえればなんとなく分かりますかね?

S.faecalisはビオフェルミン配合散、R錠・R散、S錠・S細粒の3つに入ってますが、ビオフェルミンRは耐性を持たせたS.faecalisになります。

ちなみに新ビオフェルミンS錠・S細粒のコンクは「濃縮した」という意味です。

ビフィズス菌12mgはビフィズス菌何個相当なのか

さて、肝心のビオフェルミンにビフィズス菌は何個入っているのかという疑問ですが、ここではビオフェルミン錠について見ていこうと思います。

他はビフィズス菌そのものが入っていなかったりしますからね。

人間の腸内細菌から考える

ビフィズス菌1個の重さなんて分かるわけもないので、もう少し規模の大きいところから見ていこうと思います。

まず人間の腸内細菌ですが、約1000兆個で1.5kgの重さがあると言われています。

1000兆個。半端ない規模ですね(笑)

腸内細菌の内訳は、

善玉菌:20%
悪玉菌:10%
日和見菌:70%

ビフィズス菌は善玉菌に含まれるので善玉菌に注目すると、20%なので約200兆個

重さでみると1.5kgの20%なので300gです。

善玉菌の99.9%はビフィズス菌であると言われているので、ここでは多少の誤差は気にせず100%としてしまいます。

そうすると、ビフィズス菌300gで200兆個。

じゃあビフィズス菌12mgだと何個なのか。
計算してみると、

ビフィズス菌12mgで約8億個相当

という計算結果になりました。

つまり、ビオフェルミン錠1錠中にビフィズス菌約8億個が入っているという計算になります。

8億個です。どうですか?単位が大き過ぎてよく分からないですよね。自分もよく分からないです(笑)

※腸内細菌の内訳や個数には諸説あります。

ヨーグルトやサプリに入っているビフィズス菌との比較

せっかくなので、この8億個という数字を用いてヨーグルトやサプリと比較してみたいと思います。

より身近なものと比較すれば、8億個という数字の持つ意味がなんとなく分かってくるかもしれません。

ちなみに、ビオフェルミン錠を1日3錠飲むと24億個6錠飲む人は48億個ですね。

ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト


これはトクホですね。

ビフィズス菌BB536でトクホを取得しています。

1日あたりの摂取目安量が100gとなっていますが、100gあたりビフィズス菌BB536が約20億個入っているそうです。

ビフィズス菌の種が違うと思いますが、それでもビオフェルミン錠3錠の方がビフィズス菌が多そうです。

ヘルスエイド ビフィーナS


こちらはビフィズス菌のサプリメントで一番売れてるビフィーナS

一応、機能性表示食品です。

1日の目安摂取量は1包なんですが、1包あたりビフィズス菌は50億個入ってます。

これはビオフェルミン錠6錠とほぼ同じ量ですね。

これはすごい(笑)

まとめ

以上、今回はビオフェルミン錠に含まれているビフィズス菌の数を予想してみました。

ビオフェルミン錠1錠にビフィズス菌が約8億個。

いかがでしょうか。よく分からないですよね(笑)

「ビヒダスBB536プレーンヨーグルト」および「ビフィーナS」と比較してみました、結局はよく分からない。

この記事を書くにあたって色々調べもしたわけですが、最終結論としては

ビフィズス菌は数じゃないな

っていうことです(笑)

こう何億、何十億って単位で話してるともうよく分からなくなってくるんですよね。

かと言って、ビフィズス菌の種類も色々あってどれが良いかなんて分からないです。

おそらく人それぞれで合う菌が違うと思うので、自分に合った整腸剤を選んだら良いんじゃないかと思います。

結局それかっていう終わり方です(笑)

コメントを残す