食生活アドバイザー会員制度には入会するべきか

食生活アドバイザーには会員制度というものがあります。

試験に合格すると入会の用紙が届いて、年会費5000円を振り込むと会員になれる仕組みです。

ただ、実際に試験に合格して入会の用紙が届いたけれど、会員になるべきなのか迷う方も多いと思います。

自分がちょうどもうすぐ入会して1年になりますので、どんな感じだったか簡単に紹介しようと思います。

迷っている方の参考になれば幸いです。

食生活アドバイザー会員制度とは

まず初めに、もう少し詳しく会員制度について紹介しておきます。

入会資格

会員制度には入会資格があります。

それは、食生活アドバイザー検定試験の2級または3級に合格すること

つまり、試験を受けていない人や不合格だった人は入会できないということです。

会員期間

期間は1年ごとの更新になり、4月からの1年間または10月からの1年間です。

これは年2回の食生活アドバイザー検定試験のうち、どちらの試験で合格したかによって変わります。

ちょっと記憶が曖昧なのですが、合格通知と一緒に振り込み用紙が届いて、振り込み期限があったはずです。

いつでも会員になれるというわけではありません。

食生活アドバイザー会員制度には特典がある

食生活アドバイザー会員になると、主に4つの特典があります。

食アド情報誌が届く

年に2回、FLAネットワーク協会で作成した『食アド情報誌』という雑誌が届きます。

だいたいページ数にして60ページくらい。

食生活に関する新聞記事を集めたようなものですが、60ページもあると結構なボリュームになります。

食アドPRESSが届く

年に4回、FLAネットワーク協会で作成した『食アドPRESS』という広告のようなものが届きます。

簡単な食生活に関わるニュースと、下記の交流会や勉強会の開催要項が載っています。

食アド情報交流会に参加できる

年に1回、会員だけが参加できる情報交流会があります。

これは勉強会というわけではなく、あるテーマをもとに意見交換をしたり自己紹介したりして、食アドとしてどのような活動をしているかなどを話し合う場です。

食アド勉強会に参加できる

年に数回、全国各地で講師を招いて勉強会があります。

勉強会といっても試験の内容を復習するような堅いものではなく、色々食べたりしながら身近な食のテーマに関する勉強会であることが多いです。

テーマは講師によってかなり異なります。

1年間会員として過ごしてみて

では実際に1年間会員として過ごしてみてどうだったか。

まず、食生活アドバイザーの資格を取得した方は大きく2つに分かれます。

ただ試験を受けただけの人

資格を何かに活かそうとする人

おそらく、ただ試験を受けただけの人の方が多いのではないでしょうか(笑)

ただ試験を受けるだけの人は入会する価値なし

ただ試験を受けるだけというのを悪く言っているわけではありません。

学校で無理やり受けさせられる学生さんもいますし、食生活の勉強をするキッカケ作りとして食生活アドバイザー検定試験に申し込んだという人もいます。

このような人達は、勉強をした時点で目的は達成していると思うんですよね。

試験なんてオマケみたいなものです。

そんな人達が、会員制度に入会する必要性は全く無いと思います。

資格を何かに活かそうとする人は入会する価値あり

一方で、資格を何かに活かそうとする人。そういった人にはこの会員制度はお勧めです。

資格を活かして何か仕事を作り出そうとすると、やはり人脈が必要になります。

そういった人脈作りに『食アド情報交流会』は役立ちますし、実際に資格を活かして様々な活動をしている人が講師になっているのが『食アド勉強会』です。

どちらも、参加される方は資格を活かそうとモチベーションの高い方々で、本当に全国色々なところから参加されています。

そういった方々と話していると、自分も頑張ろうってやる気を出させてもらえます。

このやる気を出させてもらえるというのが、『食アド情報交流会』や『食アド勉強会』に参加する一番の理由になる気がします。

食アド情報誌と食アドpress

ちなみに食アド情報誌と食アドpressに関しては、可もなく不可もなくといった印象です。

食アド情報誌は新聞の切り抜きを集めたようなものですし、食アドpressに関しては情報交流会や勉強会の紹介や報告がメインのような印象です。

ただ、自分は職業柄食生活に関するニュースや最新情報に触れられますが、そうでない方は、情報収集の手段として会員制度に入会するのはありかもしれません。

まとめ

以上、今回は食生活アドバイザー会員制度についての紹介でした。

結論としては、資格を何かに活かそうと思うなら、会員になって情報交流会や勉強会に参加することをお勧めします。

そうでないなら無理に会員にはならなくても良いかもしれません。

年2回の情報誌と年4回のpressで5000円というのは、個人的には高いです。

その辺り、自分が食生活アドバイザーという資格をこの先どのように利用していきたいかで判断してもらえればと思います。

コメントを残す